外壁塗装の適正時期について倉敷市の外壁塗装業者が解説!

2020年03月23日(月)

「外壁の塗装が剥がれてきて、困っている」
「外壁塗装の適正時期がわからない」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
築年数が10年以上経っていたり、劣化症状が出ていたりする場合は、外壁の塗り替えを検討してみてはいかがでしょうか。
今回は、倉敷市の方に向けて、外壁塗装の適正時期についてご紹介します。

適正時期とは

外壁塗装をする上で、失敗したくないと考えることは当然ですよね。
失敗を避けるためには、外壁塗装をする時期がとても重要といえます。
この章では、外壁塗装を行う時期を見分けるポイントを参考にしてください。

 

1つ目は、塗装が必要なほど、外壁が劣化している場合です。
外壁の塗装はずっと効果があるものではないため、いつかはメンテナンスが必要です。
外壁を触った時に白い粉が指についたり、剥がれていたりする場合は、塗装した方が良いでしょう。
藻や苔が繁殖していたり、ひび割れていたり、膨れていたりする場合も塗装を検討しておくべきでしょう。

 

2つ目は、築年数が10年以上経過していることです。
外壁塗装で使用される塗料には、耐用年数があります。
アクリル系であれば2〜3年、ウレタン系であれば5〜7年です。
これらの場合は、10年立つより早い段階で塗装した方が良さそうですね。
シリコン系であっても7〜12年のため、10年以上経過している建物に住んでいる方は、塗装を考えておきましょう

 

3つ目は、ライフステージの変化です。
外壁塗装にはお金が必要なため、資金に余裕がある時に行いたいですよね。
結婚、出産、引っ越し、子供の入学など、さまざまなイベントがあります。
こういったイベントと家の工事が重なると、費用がかさむため、大変ですよね。
ライフステージの変化を考慮して、工事しましょう。

 

4つ目は、業者の繁忙期です。

秋に塗装の依頼が集中することが多いようです。
繁忙期に塗装を依頼するよりも、じっくりと工事に時間を取っていただける時期に依頼するというのも一つの考え方です。

具体的に塗装工事に適した時期

「どの季節が適していますか?」と聞かれると、比較的に春がおすすめだと言えます。

なぜなら春は温度が低く、塗料が乾きやすいからです。
ただ外壁は、どの季節でも塗り替えることができ、より適しているのは春の季節ということです。

季節で時期を決めるのではなく、外壁の劣化状況を優先に考えていただいた方が良いので、気になる方は一度ご相談ください。

 

まとめ

今回は、倉敷市の方に向けて、外壁塗装の適正時期についてご紹介しました。
劣化状態や築年数、ライフステージの変化、業者の繁忙期を避けることを理解した上で、外壁塗装を検討しましょう。
依頼をする際の時期にも注意が必要ですので、気を付けるようにしてください。

  |