外壁塗装はやるべき?倉敷市の専門業者が解説します

2020年05月17日(日)

「外壁塗装って本当にやるべきなの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装は見栄えを保つだけの問題だとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、外壁塗装は防水や外壁の保護が目的であることをご存知ですか?
そこで今回は、倉敷市の方に向けて外壁塗装をやるべき理由について紹介します。

外壁塗装の必要性とは

 

外壁塗装といえば、外見が綺麗になるだけとお考えの方が多いですよね?
外壁塗装の必要性に関して誤解されている方もいらっしゃるかもしれません。
そのためこの章では、外壁塗装の必要性についてご説明させていただきます。

 

*目に見えない被害が起きている

 

雨漏りや外壁の損害など具体的な被害を見つけるまで、外壁を放置している方も多いですよね?
しかし、被害が起きるまで外壁を放置していてはいけません。
外壁に関しては、日々ダメージが蓄積しています。
そのため、リフォームのサインが見受けられなくても、10年ごとのサイクルで塗り替えすることをおすすめします。

 

*1番の目的は防水である

 

外壁塗装にはもちろん見た目を綺麗に改善するだけでなく断熱や劣化を防ぐ効果があります。
外壁塗装の1番の目的は防水です。
なぜなら水分は家の木材や鉄筋などを劣化させてしまうからです。
外壁を水気から守るためには、塗装の耐用年数が過ぎないうちに外壁の塗装を塗りかえることをおすすめします。

 

*節約のためにリフォームを怠ってはいけない

 

外壁塗装では、足場だけでも20万円ほどかかることが予想されます。
工事全体では100万~150万ほどかかるといわれております。
安い費用ではないですよね?
しかし、だからといってこの費用を節約してはいけません。

塗装で対処できるような問題だったにも関わらず、放置することで、取り返しのつかない被害が起きるかもしれません。
後から起きるかもしれない被害を考えると、目先の出費を節約しないことおすすめします。

 

外壁塗装を怠った際のリスクとは

 

外壁塗装が必要にも関わらず、外壁の塗装を怠った場合に予想される被害を紹介します。

まずは何と言っても雨漏りが予想されます。
また害虫が侵入する恐れもあります。
外壁がひび割れると、そこから水だけではなく害虫が侵入することが考えられます。
最悪の場合室内まで侵入するかもしれません。
特に木造の場合にはシロアリが発生して躯体部を壊し始めます。

さらに、建物の寿命が短くなることが考えられます。
適切な頻度で外壁塗装を行わないと、建物の寿命が短くなってしまいます。
雨風にさらされたまま外壁を放置していると、外壁塗装を行う工事よりも何倍の費用がかさむことが考えられます。

加えて、やはり建物の見栄えが悪くなると恥ずかしいですよね?
これらの理由から、定期的にしっかりと外壁塗装を行っていただくことをおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、倉敷市の方に向けて外壁塗装をやるべき理由について紹介しました。
外壁塗装の必要性を誤解していた方は、本来の必要性をご理解いただけたでしょうか?
外壁塗装の費用はけっして安い金額ではないですが、その分、責任ある工事を徹底しているため、安心して当社におまかせください。

  |