倉敷市の外壁塗装業者が足場の種類をわかりやすくご紹介します!

2020年06月02日(火)

外壁塗装には足場が必要不可欠な場合が多いです。
しかし、そもそも足場を設置する目的が分からないという方も多いかもしれません。
そこで今回は倉敷市の専門業者が足場を設置する目的について解説させていただきます。

足場を設置する目的とは?

「そもそもなぜ足場を設置しないといけないの?」
このような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
まずはこの疑問にお答えさせていただきます。
主な理由は全部で2つです。

1つ目は安定した状態で作業に取り組めるようにするためです。
梯子(はしご)や簡易的なものではどうしても安定性に欠けてしまうので、正確で丁寧な作業ができません。
そのため、しっかりとした足場を組んで工事を進めていく必要があります。

2つ目は安全の確保です。
当たり前のことですが、どのような工事においても1番重要なことは怪我をせずに安全に工事を終えることですよね?
そのため、しっかりと足場を固定しておく必要があります。

足場の種類をご紹介します

それではここから実際にどのような種類があるのかを紹介させていただきます。

*くさび式

手早く設置、解体ができ、耐久性が高くコストパフォーマンスが高いことが特徴です。
一方で設置に広い場所を必要とするので、隣の家との間隔が狭ければ難しい場合があります。

*枠組み

こちらは単純な支柱ではなく、工場で作られた鉄製の建て枠とアンチを組み合わせて設置します。
手早く設置、解体ができ、安全性が高いことが主な特徴です。
また、高く組めるので高層建築物にも対応可能です。
一方で設置に場所を取ることと部材が大きいという欠点があり大きなスペースが必要になることも多いのがデメリットと言えます。

*単管

こちらは床となるアンチが存在しないので、職人の方は2本のパイプの上で工事を行なっていきます。
主な特徴として必要なスペースが小さいので、隣の家との間隔が狭くても問題ありません。
また、さまざまな形の建物に対応でき、費用があまりかからないです。

一方で、安全性が他のものと比べると低いです。
また、塗装に必要なものを近くに置いておくことが難しいため、作業効率が落ちてしまいます。

まとめ

今回は足場の必要性や種類について解説しました。
外壁塗装の工事でも足場を組みますが、足場の必要性と目的についてご理解いただけましたでしょうか?
倉敷市で外壁塗装をお考えの方は当社までお気軽にご連絡ください。

  |