倉敷市で外壁塗装をご検討中の方必見!外壁塗装が剥がれる原因とその対処法とは?

2020年07月03日(金)

外壁塗装が剥がれてしまい、お困りの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装の剥がれの原因を把握しておくことで、被害を軽減できるかもしれません。
そこで今回は、外壁塗装の剥がれの原因と、外壁塗装が剥がれた際の対処方法について、倉敷市の外壁塗装のプロがわかりやすく解説します。

外壁塗装の剥がれの原因について

外壁塗装の剥がれの原因は主に劣化と施工ミスに分けられます。
これらを見分けるためには、塗装をしてから剥がれ始めるまでの期間を確認していただくことをおすすめいたします。

まず、劣化による剥がれは、塗装してから約10年以上の期間が経過してから生じるものです。
外壁は雨や紫外線にさらされるため、どうしても劣化しやすいです。
一般的に、外壁塗装は約10年おきにすると良いと言われています。
そのため、10年以上の長期間が経ってからの剥がれは、外壁塗装を行って、修復するようにしていただくことをおすすめします。

しかし気をつける必要があるのが施工ミスによる剥がれです。
こちらは3年ほどの短期間で剥がれが生じる場合もありますが、施工後すぐではないためなかなか施工ミスを指摘するのは難しいです。
そのため、施工ミスの内容を事前に把握しておくことで、未然に防げる可能性はとても高くなります。
具体的な施工ミスには、下塗りと下地処理に関するミスが多いため、その点をしっかりと確認するようにしてください。

まず下塗りとは3回塗りの最初の段階であり、後に塗る塗料がしっかりと密着するために行います。
そのため、下塗り材の性質が外壁と合っていないものであったり、下塗りの量や塗り方が適切でなかったりすると、塗料がすぐに剥がれてしまいます。

また、塗料を塗る前には下地処理を行います。
この工程は、外壁に塗料が密着しやすくする役割があります。
下地処理が十分でなければ、塗料が剥がれやすくなる恐れがあるため気をつけてください。

これらの施工ミスは、悪徳業者による手抜き工事の場合が多いです。
悪徳業者を避けて良い業者を選ぶことで、短期間での剥がれが発生する可能性は格段に減らすことができます。

外壁塗装が剥がれた場合の対処方法について

外壁塗装が剥がれてしまった場合には、業者に依頼して対処してもらうか、自分で対処するかの2つの場合があります。
自分で対処する場合は、剥がれている部分の汚れを落としたのちに、充填剤を塗って乾かし、上から塗装を行うようにしてください。

ただ剥がれの状況がひどい場合は、業者に依頼していただいた方が確実であるため、剥がれの状況を伝え、依頼していただくことをおすすめいたします。

まとめ

今回は、外壁塗装の剥がれの原因と外壁塗装が剥がれた場合の対処方法について説明しました。
当社は、倉敷市で地域密着の外壁塗装を行なっており、信頼と実績を積み重ねております。
倉敷市で外壁塗装を検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

  |