倉敷市の専門家が外壁塗装をする際の注意点をご紹介します!

2020年07月25日(土)

外壁塗装に大変なイメージを持っている方は多くいらっしゃると思います。

特に初めての塗装工事であれば、うまくいかないことも発生する可能性は高いです。

そこで今回は、外壁塗装をする際の注意点について解説いたします。

よくある外壁塗装の失敗例とは

外壁塗装には、やってしまいがちな失敗が主に3つあると言われています。

前もって失敗例を知っておくと、工事をうまく進められる確率は上がるため、1つずつ丁寧に確認していきましょう。

1つ目は、悪徳業者に工事を依頼してしまうケースです。

外壁塗装には悪徳業者が多い存在していることはご存知でしょうか。

それらの悪徳業者は、ただ儲かればいいと思って適当な塗装をしたり、依頼主が相場を知らないこと良いことに、高額な工事費用を請求したりするといった問題を起こします。

悪徳業者の多くは、突然自宅を訪問して、さまざまな言葉で住んでいる方を丸め込み、最終的に高額な契約するといった手口を使うようです。

事前に外壁塗装に関する正しい知識がないと、上手く口車に乗せられてしまうため注意が必要でしょう。

続いて2つ目の失敗例は、中間マージンが高額になってしまうケースです。

大手リフォーム会社やハウスメーカーなどは、外壁塗装を依頼されても専用のスタッフを抱えておらず、下請け業者に委託することがほとんどです。

その場合、下請け業者に対する工事費用とは別に、元請け業者に手数料(中間マージン)を支払うはめになってしまうでしょう。

これでは本来よりも高額な費用を負担になってしまうため、最初から信頼できる地元密着型の外壁塗装店に依頼することをおすすめします。

3つ目は予想以上に費用がかかってしまうケースです。

外壁塗装をする前に、建物の外壁にひび割れや水漏れが発生していると、それらの箇所の修繕を先に行う必要が出てくるでしょう。

このような状況になると、外壁材や屋根そのものの交換が必要になって、本来予定していた時間や費用を超えてしまうことが考えられます。

塗装時の注意点と対処法とは

それでは、このような失敗例に対してどのような対策をすれば良いのでしょうか。

最も有効な対策は、業者選びをしっかり行うことです。

優良業者を選ぶ際のポイントについて紹介しましょう。

まず、報告と診断を丁寧に行ってくれる業者は信頼できると言われています。

さらに、外壁劣化の診断ができる資格を持っているかどうかも確認しておくと良いですね。

見積書に詳細な費用が記載されていない業者は危ない可能性が高いでしょう。

総費用しか書かれておらず、工事が始まってから追加費用を取られる場合があるため注意が必要です。

また、塗装後の保証を確認することも大切です。

外装塗装では、工事後に塗装が剥げてしまったり、錆が出てきたりすることがあるでしょう。

優良な業者であれば、工事後の保証もしっかりしているため安心ですね。

まとめ

今回は塗装をする際の注意点についてまとめました。

突然自宅に訪問してくる業者や見積もりや診断が適当な業者は要注意です。

よくある失敗例を参考にして、地元の優良企業を見つけて頂けたら幸いです。

  |