外壁塗装の足場の相場はどのくらい?倉敷市の塗装専門店が解説します!

2020年08月21日(金)

外壁塗装に使用する足場の値段は、どのくらいなのでしょうか。
足場は使用する面積が増えれば増えるほど、塗装費用が高くなります。
今回は、外壁塗装に使用する足場の相場と足場に関する注意点をご紹介します。

足場は1平米あたりの値段で計算します!

外壁塗装の足場にかかる費用は、1平米あたりの値段で計算されることが多いです。
一般的に、1平米700円から1000円が相場です。
住宅の大きさによって使用する足場の広さは変わりますが、戸建ての住宅であれば20万円程度が足場の費用としてかかります。

この足場の費用には、足場にかけるシート代金も含まれています。
シートは、飛散防止や作業担当者の落下防止に使用されます。
もしかすると台風や暴風の際に、畳まれているシートを見かけたことがあるかもしれません。

実はこのシートは台風や暴風の際に広げたままにしておくと、足場が倒壊する危険性があります。
そのため、作業の有無に関わらず危険性がある場合は片付ける必要があります。
つまり、足場にかかる費用の相場は、足場だけの代金ではなくシートの管理やメンテナンスの費用も含まれています。

足場に関する3つのトラブルをご紹介します!

足場の設置や作業中に、トラブルが発生することがあります。
ここでは、足場に関する3つのトラブルをご紹介するため、是非参考にしてください。

1つ目のトラブルは、足場設置による損傷です。
足場を組立てる際に、壁や車、窓を傷つけてしまうトラブルのことです。
本来であれば、こうしたトラブルは補償の対象になります。

しかし塗装業者と足場組立業者の責任の所在が不明だった場合、補償先がうやむやになり泣き寝入りしてしまうこともあります。
足場の組立を行う際には、足場業者が瑕疵保険に加入しているかを確認していただくことをおすすめします。
瑕疵保険に加入していれば、何かトラブルが発生した場合もしっかり補償を受けられます。

2つ目のトラブルは、庭の植え替えが必要なケースです。
足場を設置する場所によっては、庭の植物が障害になることがあります。
こういった場合には、植物の移動を頼まれるかもしれません。
作業が始まってから急いで移動させなくてもいいように、事前の確認をおすすめします。

3つ目のトラブルは、近隣の敷地内を使用するケースです。
住宅の構造や足場の配置の関係で、近隣の敷地に足場を設置する場合もあります。
こういった場合には、事前にお世話になる近所の方に挨拶をしていただくことをおすすめします。
勝手に作業をしたことで、近隣トラブルに繋がることを防げます。

まとめ

今回は、外壁塗装に使用する足場の相場と足場に関する注意点をご紹介しました。
足場について事前に調べておくことで、信頼できる塗装業者を選べます。
この記事がご参考になれば幸いです。

  |