外壁塗装の頻度はどれくらい?倉敷市の外壁塗装業社がご紹介します!

2020年09月29日(火)

「外壁塗装は、どれくらいの頻度で行うべきなのだろうか。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
適切な頻度で外壁塗装を行うことで、最低限のコストでメンテナンスができるようになります。
そこで今回は、外壁塗装の頻度を倉敷市の業者がご紹介いたします。

外壁塗装の頻度は、結論から申し上げると10年に1回が目安です。
外壁塗装を行ってから10年経つとメンテナンスが必要になる理由は、2つあります。

 

経年劣化が進んでいるため

住宅は、建設を開始してから常に紫外線や雨、ほこりなどによるダメージを受けています。
また、建設時に安い塗料が使用されている場合、外壁の塗膜はすぐに劣化する可能性もあります。
このことから、外壁塗装は劣化が目立ち始める10年程度が目安と言われています。

塗料の耐用年数が10年程度しかないため

外壁塗装で使用される塗料は、アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料の4種類あります。
特に住宅に使用されることの多いウレタン系塗料やシリコン系塗料は、耐用年数が10〜15年程度となっています。

そのため、多くの場合は10年程度で塗り替えを行うことをおすすめしております。

ここまで、10年を目安に外壁塗装を行うべきとご紹介しましたが、10年おきに定期的にメンテナンスを行うメリットは3つあります。

1つ目は、費用を抑えられることです。
外壁塗装は、劣化が進んでいるほど費用が高額になりやすいです。
外壁だけでなく、住宅の内部構造にまでダメージが及んでいると、外壁塗装だけでなく補修工事が必要です。
定期的に塗り替えを行えば、結果的にメンテナンス費用を抑えられます。

2つ目は、資金計画がしやすくなることです。
定期的にメンテナンスを行えば、次の塗装のタイミングもわかります。
タイミングがわかれば、次の塗装に必要な費用を準備しやすくなります。

3つ目は、悪徳業者にひっかかりづらくなることです。
悪徳業者は、「今すぐ塗装しないと、あなたの家は危ないです」という謳い文句で営業することが多いです。
塗装は10年おきにすれば良いと知っておけば、悪徳業者も見抜けます。

 

 

今回は、外壁塗装の頻度についてご紹介いたしました。
外壁塗装を行う際は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
当社は、倉敷市にてお客様満足度No.1を目指して、お客様の笑顔のために日々精進し続けております。
倉敷市での外壁塗装は、施工後も安心のアフターフォローを行う当社にぜひお任せください。

  |