外壁塗装の劣化とは?倉敷市の業者が解説いたします!

2020年11月18日(水)

「家の外壁塗装が劣化しているのか分からない」「外壁の劣化は何が原因なの」

倉敷市にお住まいで、このような疑問をお持ちの方はいらっしゃるでしょう。

外壁塗装の塗り替えの計画を立てるためにも、よくある劣化状況を理解しておきたいですよね。

そこで今回は、外壁塗装の劣化について、専門業者が解説します。

 

□外壁の劣化の種類とは

 

まずは、外壁の劣化の種類について紹介します。

 

1つ目は、外壁の表面に汚れが付着している段階です。

塵やホコリが付着して間もない頃は、洗浄力の強い洗剤を用いなくても、水で軽く流すだけで綺麗になるでしょう。

しかし、付着した汚れを年単位で放っておくと、外壁に沈着し取れにくくなります。

このようになると、綺麗な状態に戻すには、特別な洗剤を用いて洗浄する必要が出てきます。

 

2つ目は、塗装が劣化している状態です。

塗料に耐用年数が定められているように、塗膜は時間を経るとともに紫外線や雨風の影響で劣化していきます。

外壁塗装の劣化には、塗膜のひび割れや剥がれ、チョーキング現象などが挙げられます。

外壁塗装の劣化に手を付けないままでいると、塗装より内側にある外壁材にまで雨水が浸入し、住宅全体の劣化に繋がるかもしれません。

 

3つ目は、住宅全体が劣化している状態です。

サイディングボードの歪みやシーリング材の劣化、外壁のひび割れなどが挙げられます。

これらの劣化を対処しないと、住宅全体の劣化に繋がる可能性が高いと言えます。

劣化の初期症状を放っておくと陥ることがあるので、劣化を見かけた場合はできる限り早いうちに対策を考えておくことをおすすめします。

 

このように、外壁の劣化には種類があることがお分かりいただけたと思います。

 

□外壁の点検は重要

 

これまでに紹介したような重大な劣化に陥らないためには、日々の点検が非常に重要です。

 

まだ耐用年数ほど経っていないのに関わらず、劣化症状が見られる場合は点検を依頼してみてはいかがでしょうか。

塗料の劣化は、お客様がお住まいの地域によって変化する可能性が十分にあります。

強い直射日光がずっと当たっている環境や、風を受けやすい立地にある場合は劣化が早いかもしれません。

ご自宅の外壁を見て「劣化しているのかな」と疑うようであれば、点検を依頼するのをおすすめします。

 

反対に、耐用年数を過ぎているのに劣化症状が見られない場合も点検してみてはいかがでしょうか。

見た目からは判断できないかもしれませんが、実は劣化が進行していることもあります。

劣化が進行しているかどうかを確認するために、専門家に依頼すると良いでしょう。

 

外壁塗装をいつ行ったのか思い出せない方や、塗料の耐用年数いっぱいまでは大丈夫と考えている方も、ぜひ点検を行っていただきたいと思います。

 

□まとめ

 

今回は、倉敷市にお住まいの方に向けて、外壁塗装の劣化について解説しました。

本記事の内容を参考にして、ご自宅の外壁の状況を確認していただけると幸いです。

もしも外壁の劣化が見られた際には、ぜひ当社にご相談ください。

  |