倉敷市にお住まいの方へ!外壁塗装の工事は雨の影響を受けるか解説します

2020年11月21日(土)

「外壁塗装の工事中に雨が降ってきたらどうするか」
このような不安を抱えていらっしゃる方はいませんか。
今回は、外壁塗装の工事は雨による影響を受けるかについて倉敷市の業者がご説明します。
ぜひ、お役立てください。

外壁塗装の工事は雨による影響を受ける?

外壁塗装の工事は、雨による影響は受けるのでしょうか。
外壁塗装を依頼する前に、ぜひご確認ください。

外壁塗装の工事は、雨の影響を受けます。
しかし、工程によっては雨でも可能なため、雨の影響を受ける工程と受けない工程に分けてご説明します。

まず、雨でもできる工程として、高圧洗浄や塗装前の養生、足場の組み立てがあります。
しかし、雨量によってはこちらの作業も中止になる場合があります。

次に、雨の影響を受ける工程です。
塗装は、雨が降れば中止します。
しっかり乾燥させる必要があるため、雨が降れば十分に乾燥はできません。
また、塗料に水分が入れば施工不良にもつながります。

塗装の段階で雨が降っていれば、工程の進捗に影響が出ます。
しかし、これは施工不良を防いで仕上げの状態を良くするためですので、工期には余裕を持っておくことをおすすめいたします。

雨で工期が伸びた際の追加費用は?

雨による工事の延長は、外壁塗装の工事ではよくあることです。
しかし、工期が伸びれば当然費用も関係してくるのではないかと、不安な方もいらっしゃると思います。
そこで、雨による工期の延長で追加費用が発生するかについてお話しします。

雨は、自然現象のため工期が遅れた際も追加料金は発生しません。
契約書に雨が降った場合は追加料金が必要な旨を記載している業者もありますが、一般的には追加料金はかかりません。

しかし、注意事項として記載されている場合もありますので、契約の際はしっかりと契約書を読み込むことをおすすめいたします。
業者から事前の説明がなかった場合、追加費用の支払いは拒否できます。
そのため、正当な根拠がない支払いには応じないようにください。
しかし、依頼者の希望により強制的に工事を進めた場合は、追加費用が発生する可能性があるため、ご注意ください。

まとめ

外壁塗装の工事は、工程によっては雨の影響を受けます。
しかし、正当な理由がない場合は追加費用がかかることはないため、ご安心ください。
当社では、お客様に安心して工事をお任せしていただけるように、代表自ら現場に携わります。
代表が直接ご対応いたしますので、工事が不安な方でもぜひ当社にご依頼ください。

  |