屋根塗装を行う目安

雨風や紫外線などから家を守る屋根は外壁よりも過酷な環境で日々頑張っていますが、やはり時折メンテナンスを行う必要があります。なかなか屋根を直に見る機会がないためピンと来ないかもしれませんが、傷みが進行すると雨漏りの原因となったり、家の寿命を縮めてしまうため注意が必要です。
一般的には10年から15年に一度塗装を行うのがベストと言われていますが、使用した塗料や地域の差によって異なるため一概にはいえません。
そこで、今回は屋根塗装を行う目安や最適な時期などについてお伝えしていきます!屋根のメンテナンスをお考えの方も、これからのメンテナンス計画を立てようとしている方もぜひご覧ください。

屋根塗装を行う目安

新築や前回の塗り直しから10年近く経っているという方はまず屋根の劣化サインをチェックしてみましょう。

コケや藻が生え汚れがひどい
サビなど腐食している部分がいくつもみられる
雨漏りしている
ひびや割れがある

こんな劣化サインがみられたら10年経っていなくても塗り替えが必要です。今すぐ危険な状態に陥ることはないですが、放置すると屋根の下の部分に水が入り込み防水シートや板の劣化につながります。こうなると塗装だけでなく、屋根をはがしてのメンテナンスが必要となり莫大な費用がかかります。
例えば30坪の建物の塗装なら40~80万円程度ですが、修理なら100~200万はみておく必要があるでしょう。特に、雨漏りがある場合は柱など家を支えている部分の腐食が進行しているのか、漏電の恐れはないのかなどを確認や修理することをおすすめします。

また、目視だけでなく屋根の種類から大体の目安を計ることもできます。

スレート系

日本でもっとも普及しているタイプの屋根で耐久性や耐震性に優れています。耐用年数は10年~15年といわれています。

和瓦

昔ながらの瓦は耐久性が強く塗装の必要はありませんが、瓦を支える部分のメンテナンスは必要なため20~30年に1度は専門家にチェックを依頼しましょう。

セメント瓦

こちらも耐久性の強い素材ですが、防水性を保つために10年~20年に1度は塗装をすることをおすすめします。

金属屋根

加工がしやすくデザイン性に優れた「ガルバリウム鋼板」や「銅板」を使った住宅も増えています。メンテナンスは20年~30年に1度程度を考えておきましょう。

トタン屋根

手の届きやすい価格と施工性のよさで一時普及しましたが、最近はみられません。
錆びやすい素材のため、5年~8年くらいの短いスパンで塗装を行うことがおすすめです。

自宅の屋根がパッと見て素材が分からないという場合や、前回の塗装時期が分からず心配という場合は遠慮なく専門家にご相談ください。

塗装の最適な時期

塗装は一年中いつでもOKとはいきません。
雨の日や雪の日はもちろんNG。霜や水滴がついた状態ではきれいに仕上げることができないため、雨が降っていなくてもしばらく乾くまで待たなければなりません。
そのため塗装中に雨が降ってきた場合、塗り直しになることもあるため業者によっては降水確率が30%程度でも中止にするほど気を使っています。中には雨が降ってもそれほど影響がないからと塗装を続行する業者もありますが、塗装の仕上がりよりも作業が遅れてしまった場合の損失を減らすためという場合が大半です。

その後の耐用年数や仕上がりに直結することなので、雨の中作業している業者の場合は納得がいくまで目視で確認し、責任者に説明を受けることをおすすめします。
また、気温が5度を下回る日や、湿度が85%を超える場合も塗装はNG。地方によっても異なりますが冬や梅雨、台風の多い季節などはなかなか予定通りにはいかないかもしれませんので、事前に予約し計画的に塗装工事を進めましょう。

最適な時期を図って屋根塗装をしよう

屋根の塗装工事は範囲や面積、どのような塗料を使うかにもよりますが、概ね7日間ほどかかります。

1日目:足場の設置
2~4日目:下地作業
5日目:中塗り
6日目:上塗り

7日目 : 付帯部塗り
8日目:撤収作業

天候や気温にも左右されますが、案外時間の掛かってしまうものなのです。
お客様の中には「下地に時間かかりすぎ」「そんなに何度も塗るの?」といった声も聞かれますが、どの工程1つも手を抜けない重要項目なのです!仕上がりにはそれほど差がないからと何か一つの工程を手抜きしてしまうと耐用年数に圧倒的な差が出てしまうのです。
岡山県総社市・倉敷市を中心に外壁塗装の実績が豊富な幸志創建。ならお話をお伺いし現地で診断した後、状況を丁寧にご説明いたします。その上で塗装が必要と判断した際は、当社の経験を積んだ職人がしっかりと屋根塗装いたしますので、安心してお任せください。まずはご相談からお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。