はじめての方へ

当社の想いについて

当社のホームページにご訪問頂きましてありがとうございます。
幸志創建。の代表 能登でございます。

まず外壁の塗装を検討される上で、
大体3パターンの考え方があると言われています。

  • 金額重視
  • 一流にこだわる(メーカー)
  • 人間性(仕事ぶり)
などがあります。
その中で弊社は間違いなく③の人間性(仕事ぶり)に力を入れています。
費用面や一流の業者(メーカー)でされるのも当然大切な事かと思いますが、塗装に関しては塗料の選定から塗り方・塗料に使う水分量・下処理など様々な工程があり、一つでも工程を省いて、疎かにすると後々ボロが出てきます。ですので当社が施工させて頂いた場合、施工時も当然大切ですが、それよりもその後が一番大切だと心から思っております。当社は施工の工程を省くことは一切ありませんし出来ません
不器用なまでに正直に塗装に向き合っている証拠だと思い、日々精進しています。

何より「外壁塗装」とはお客様の大切な家を建てた頃のように、蘇らせる工事だと思っております。
ですが、残念なことに失敗される方が後を絶たないのが現状です。
だからこそ当社は、お客様にとって最適な塗装プランをご提案させて頂いております。

外壁塗装業者を選ぶときのポイント業者選びはここを見てください!!

POINT1お見積りの前に資格者による外壁調査診断をしてくれるか?

img_02

まずは塗替えを判断される時に一番に必要なのが資格者による外壁屋根診断です。本当に今必要か?どの時期がいいのか?など現在の家の状況を総合的に判断してくれ写真などで劣化具合なども教えてくれます、家の塗替えを検討している時は必ず外壁診断を初めにしてください!!

POINT2塗装箇所の詳しい説明やお見積りの詳細説明をしてくれるか?

img_03

仕上がりに満足して頂く為にも何処の箇所を塗るのか、見えない処もきっちり塗ってくれるかしっかりと説明を聞いた上でお客様ご自身が納得出来るかどうかが大切だと思います。施工の順番(足場→高圧洗浄→下処理→養生→下塗り→中塗り→上塗り→その他)の説明も必須です。

POINT3塗料の質・適正量・施工方法・などを正確に施工してくれるか?

img_04

塗料の種類は大まかに分けてアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などがあります。
ですが塗料には質や適正量があり、いい塗料を使えばいいわけではなくその都度、外壁にあった塗料を選んで適正な施工方法をしなければ、いくら高品質な塗料を使っても全く意味がないため、見積もり時にしっかり説明をするかどうか見極めが必要です。

POINT4下処理に時間をかけ施工手順を随時報告してくれるか?

特に塗装に関しては、下処理(高圧洗浄・ケレン作業など)をどれだけ丁寧に行うかで塗装の耐久年数が大きく 変わってきますので、この処理が一番大切と言ってもいいでしょう!我々もこの部分は特に気を使います。施工時の報告も随時してくれるような業者は信頼できます!

POINT5基本の3回塗りを徹底しているか?

img_06

これは今や基本中の基本ですが正直やってない業者も今だにたくさんいると聞きます。これを見極めるには2回目の塗料色と3回目の塗料色を変えて塗ってもらっているか?色替えを要望しても、やらない業者は避けた方がいいですね。

POINT6営業も兼ねている職人が対応してくれるか?

img_07

これは大手メーカーや、「営業と職人が別」な業者に多いことですが、お客様のご要望は施工中にも変わることもあります。見積もり時の要望と施工時の要望をしっかり伝え実践してもらうには「職人兼営業の業者」が一番お客様のご要望を漏らす恐れが最小限ですので安心かと思います。

まとめ

img_08

みなさまが塗替えを考える時、色々な情報が入ってくるかと思います。
塗装は適正価格がない世界です失敗されている方も多々いらっしゃいます・・・
ですので迷ってください、というか迷って当然なんです、家の塗替えはご家族様の一大行事です!ですのでどんなにいいと思う業者が見つかったとしても、絶対に即決はせず上記のポイントを頭にしっかりと入れ、吟味した上でお客様の考えに合った業者と納得の行く塗替えをして頂きたいと心から願っております。

幸志創建。を選ぶメリット・デメリット 

メリット1

営業と職人が同じで要望漏れがありません

メリット2

見積の内容を分かりやすく説明

メリット3

押売りは私自身が出来ませんからしません

メリット4

アフターフォローの充実

メリット5

施工時の進行具合を毎日報告します

メリット6

もしもの時の瑕疵保険対応が可能

メリット7

お客様の考えにあった塗替えをご提案します

デメリット1

お見積り時、内容説明をしっかりとする為少し時間を頂く事がよくあります

デメリット2

少数精鋭で妥協せず作業に取り組んでおりますので、場合によっては工事開始時期を待って頂く事があります
※極力ご希望に添えるよう頑張ります

デメリット3

一つ一つ手作業で妥協が出来ません。
施工に時間をかけすぎてしまう事があります。