外壁塗料を迷っている方へ!!

2018年04月15日(日)

外壁塗装の選ぶポイント

外壁塗装をお考えの方で一番迷うべき所は?

①業者選び
業者選びに関しては、どの業者さんも間違った事は言ってませんが一種の考え方の違いで色々と意見が分かれます。

一番は人間を見る事です!
 その会社の施工事例や実際に施工現場に連れて行ってもらえるなどありますが、ちゃんと外壁塗装をやってくれて、こちらの要望を聞いてもらえるかなど、人間性+お客様自身が外壁塗装の知恵を持つ事です!
 
①ちゃんと屋根も壁も3回塗りを徹底してくれてるか?
②サビ止めはしっかり塗ってくれるか?(俗に言う下塗りです)
③下処理(ケレン作業・痛みの補修・他)はしてくれるのか?
④毎日作業の報告はしてくれるのか?
⑤アフターメンテナンスはどうか?(保証は何年付くか?)

  
見るべきポイントはまだまだありますが、最低でもこの5項目を押さえれば、失敗なく外壁塗装は出来ます!!

②塗料の選定
次に外壁塗装・屋根塗装の塗料に関してですが、正直たくさんあり過ぎて塗装屋さん自身もあまり分からない方もいらっしゃいます。
弊社に関してですが、以前はSK化研さんや日本ペイントさんや水谷ペイントさんなど様々な塗料を使いましたがどれも横ばいな気がしています・・・
最近の主流はフッ素よりになってきている気がしますが、屋根に関してはフッ素がオススメですが壁に関してはまだシリコン系がいいのでは?っと思います。
当然外壁や屋根の状態によって変えてはいきますが、まだまだシリコンが強いのではと思っています。

その中で最近よくお客様にオススメする塗料がズバリ!




アステックペント「リファイン1000si-IR」です。
これの一番の強みは、今までにない超低汚染で汚れの分解能力は抜群でフッ素なみの耐用年数なんです!
 
ただその分、塗料自体は高くはなりますがこの先の外壁の塗り替えを考えたら費用対効果はいいと思います。

このリファインは遮熱性も優れています。



ほとんどの塗料顔料は、有機顔料が使われており、利点としては、様々な色合いが出せるのでバリエーションが多いです。
ただ欠点は色あせが速い事です・・・💦

リファインは無機質の顔料を使っている為、年数が経っても色あせがしにくい塗料なのです!



何度も言いますが、リファインは低汚染が優れていて色の退化がしにくい遮熱性の塗料です。
迷われた方は是非使うべきです!!

◆屋根塗装にはこれをオススメします◆
アステックペイント  スーパーシャネツサーモF(フッ素)


屋根は壁よりも太陽が良く当たりますので、どうしても壁よりも屋根が先に傷んできます。
なので屋根塗料は壁と同じシリコンではなくフッ素にする事で、屋根と壁の塗り替えバランスがとれます。

この屋根塗料の特徴は従来の遮熱塗料は、塗って何年かは効果が持続しますが、だんだんと効果がうすれてきます。
その原因は塗装の膜の上に、汚れが付いて汚れ自体が熱を持つために効果が落ちてくることです!
でもこのスーパーシャネツサーモは塗装の膜に付いた汚れの分解能力にたけているため、効果が持続します。
あとこの塗料も無機顔料を使っているため色の退化が少ないです!








近赤外線を反射するため、黒色を塗ったとしても表面温度も暑くなりません=屋根自体が長持ちします。

外壁塗装のポイント整理

①業者選びは、先ほどの5つの項目を業者に確認すること+人間性を見ること!
②塗料選定は何を一番に優先するのか?(耐候性・遮熱性・汚染性・予算など)

色々述べましたが、外壁塗装は家に住み続ける限り必ず必要な事です。
塗装の料金も高額なので失敗してほしくないからこそ、外壁塗装で迷われている方に見て頂けたら嬉しく思います。

それでも、ご自身で判断できない場合は、岡山県岡山市・倉敷市・総社市で外壁塗装専門店の弊社に一度ご相談下さい。

 

  |